制服が無い職場では、社員であっても比較的ラフな格好をしていることが多いのではないでしょうか。

しかし、注意しなければいけないのは、仕事をしている以上は最低限のビジネスファッションを心がけるということです。

職場のファッションで重要な点は、清潔感と機能性。

さらに、会社の顔として存在している事を自覚して、調和の取れたファッションを心がける事です。

来客時に、お客様に「信頼性」「安心感」を与える事ができるかどうかがポイントです。

全くの私服出勤をしている人は、まずはパンツスーツを買う事をおすすめします。

1着持っていると着回しがきき、カジュアルダウンする事でカッコ良く着る事もできるからです。

ブランドはどこの物でもいいのですが、着まわしに使うジャケットはそこそこ良い物を揃えた方がいいと思います。

清潔感と機能性を兼ね備えた、職場に適した通勤ファッション通販店として、INDIVIやUNTITLEDは公式のオンラインファッション通販店があり、おすすめです。

高いブランドを買うのは、キャリアを積んでからにしましょう。

ジャケットは無地の物でなくても良く、カジュアルな服装の上に羽織る事を考えて、少し個性のある物を選んでもいいと思います。

ジャケットさえあれば、その下がジーンズであったとしても、それなりにきっちりして見せる事ができます。

インナーに着る服は丈の長い物を選び、しゃがんだ時に肌が見えるような事が無いようにしましょう。

控えめなアクセサリーやスカーフでアレンジする位なら、個性も生きて、逆に好感が持てます。

正社員は勿論、アルバイトであっても、ジャケットを羽織る心遣いを忘れないようにしましょう。